太陽光についてのご疑問に答えます!

太陽光発電をご検討中のお客様からいただくご疑問にお答えします!

●Q1:どんな屋根でも設置できるの?

A1:住宅の屋根で一般的なスレート、瓦、ガルバリウム(金属屋根)はもちろん、ビルの屋上などの陸屋根、工場の折版屋根でも設置できます!
一方で設置できない屋根は、大波スレートなどのビスが効かない屋根、野地板が杉皮などで雨漏りの恐れがある屋根です。
設置前には弊社工事部による現地調査を行い、問題ないことを確認させていただきまのでご安心ください。

 

●Q2:メーカーはどう選べばいいの?

A2:太陽光無料案内所では様々なメーカーを取り扱っています。メーカーによってパネルの寸法が違いますので、まずはお屋根の屋根形状にあったメーカーのパネルをお選びいただくのがいいかと思います。
あとはご予算や保証重視、コスパ重視などお客様のご要望にあわせてお選びください。
何を選べばいいかわからない方は弊社担当にお任せいただいても結構ですよ!

 

●Q3:発電した電気は何円で売れるの?

A3:電気の売電単価は毎年変更されています。2021年度(令和3年度)は10kw未満なら1kwあたり19円(10年間固定)、10kw以上なら1kwあたり13.2円(税込)(20年間固定)での買取です。
「思ったより売れる」と思った方も、「意外と買取価格低いな」と思った方もいらっしゃるかと思います。
太陽光無料案内所では上記売電単価での経済効果のシミュレーションもお出しいたしますので、一度ご覧になってみてください!

 

●Q4:屋根に設置したら夏場部屋の温度が下がるって本当?

本当です!
屋根の上に設置しますので、屋根が二重になったのと同等の効果があります。
例えば、夏場には屋根の表面温度は70℃にもなることがあります。
その場合、屋根直下の野路板でも49.3℃と非常に熱くなるのですが、太陽光を設置することで38.4℃にまで10.9℃下がったというデータがあります。
一方、冬場も二重屋根のおかげで5.3℃暖かくなったというデータがあります。
夏は涼しく、冬は暖かく過ごせるのが太陽光発電なのです。

 

●Q5:メンテナンスって必要なの?

必要です!
一般的に太陽光パネルは壊れにくいものと言われます。
これはその通りで、モーターのように駆動するものではないので、物理的に故障がしにくく、原理的には半永久的に発電が可能なものです。
その一方で、経年劣化は起こりえますし、断線などが発生するケースがあります。
不具合のあるパネルをそのまま使い続けることは発電量が低下するのはもちろん、火災の発生につながるリスクもあります。
太陽光無料案内所では設置した後のアフターメンテナンスも実施。
10kw未満の住宅用太陽光なら、すべてのプランがアフターメンテナンス料金も込み!
太陽光発電のコストはぜひメンテナンス含めたトータルで考えてください。

(メンテナンス内容は「メンテナンス内容紹介」のページをご覧ください)

 

以上の内容でみなさんのご疑問は解決できましたでしょうか?
新たなQ&Aも随時掲載していきます。
気になるご疑問などございましたら、ぜひ太陽光無料案内所までどしどしお寄せください!